DSpace
 

Meiji Gakuin University Institutional Repository >
14法学部 >
9法律科学研究所年報 >
33号(2017年7月) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10723/3184

Title: 事業者による働きかけが不特定多数の消費者に向けられたものであったとしても、そのことから直ちにその働きかけが消費者契約法12条1項及び2項にいう 「勧誘」 に当たらないということはできないとした事例 ―最判平成29年1月24日民集71巻1号1頁、金融商事判例1510号30頁―
Authors: 山里, 盛文
Issue Date: 31-Jul-2017
Publisher: 明治学院大学法律科学研究所
Description: [共同研究 : 主要民事判例研究会]
URI: http://hdl.handle.net/10723/3184
ISSN: 2185-2278
Appears in Collections:33号(2017年7月)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
annual_legal_33_157-168.pdf1.32 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.