DSpace
 

Meiji Gakuin University Institutional Repository >
16心理学部 >
1心理学紀要 >
27号(2017年3月) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10723/3029

Title: 児童期における 「友だち」 という存在の認識の発達的変化 ―小学校1年生から6年生までの6年間の作文の分析を通して―
Other Titles: Developmental changes in school children’s conceptions of friends : Qualitative analysis of writings from first grade elementary school to sixth grade
Authors: 松永, あけみ
MATSUNAGA, Akemi
Keywords: 友だちの認識
作文
児童期の発達
Conceptions of friends
Writing
Development of childhood
Issue Date: 8-Mar-2017
Publisher: 明治学院大学心理学部
Abstract: 児童期の 「友だち」 という存在の認識の発達的変化を明らかにするために、18名の児童の小学1年生から6年生までの6年間の作文を分析した。その結果、2年生頃から特定他者を 「友だち」 と捉え始めること、3年生頃から相互性の記述が見られ始めること、4年生頃から特定他者の 「友だち」 が増え、心理的な支えとしての存在として捉える者が増えること、6年生になると 「友だち」 の存在について一般論的な捉えをするようになることが明らかとなった。
This study analyzed 18 children’s writings from fi rst grade elementary school to sixth grade to identity developmental changes in school children’s conceptions of 「friends」. The analysis showed that children start to think of a particular person is to be friend from second grade, and from third grade, begin to recognize the reciprocity of friendship, from fourth grade, increase a particular friend and think of a person that becomes a psychological support a friend, and from sixth grade, think about the significance of friends.
Description: 【原著/Original Articles】
URI: http://hdl.handle.net/10723/3029
ISSN: 1880-2494
Appears in Collections:27号(2017年3月)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
psycho_27_49-60.pdf654.34 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.