DSpace
 

Meiji Gakuin University Institutional Repository >
11文学部 >
119言語文化研究所 >
1言語文化 >

30号(2013年3月)

Collection home page

 
 
or browse     
Subscribe to this collection to receive daily e-mail notification of new additions


特集●《植物を描く/植物で描く》、●ケージとシェーンベルク

Showing items 1-18 of 18.

Issue DateTitleAuthor(s)
30-Mar-2013 「先駆者」と「追随者」の狭間で ―ヴァレーズからみるシェーンベルクとケージ 沼野, 雄司
30-Mar-2013 『イーリアス』における怒り・再考 生田, 康夫
30-Mar-2013 ケージとシェーンベルク 佐野, 光司
30-Mar-2013 ケージの対位法、シェーンベルクの対位法 ネフ, セヴリン; 川本, 聡胤
30-Mar-2013 シェーンベルクとアメリカの戦後芸術音楽 フェイギン, ジョエル; 川本, 聡胤
30-Mar-2013 シェーンベルクとアメリカ・ポピュラー音楽 川本, 聡胤
30-Mar-2013 シェーンベルクのアメリカ時代 ―総括の時期 石田, 一志
30-Mar-2013 シンポジウム ≪植物を描く/植物で描く≫ ―ドイツ語圏の美術でたどる植物表現の可能性 佐藤, 直樹
30-Mar-2013 ドナウ派の「植物表現」 青山, 愛香
30-Mar-2013 ナチュラリスティックな植物表現の成立 ―デューラー前史・総論 越, 宏一
30-Mar-2013 パウル・クレーの作品における植物・文字 野田, 由美意
30-Mar-2013 世紀転換期の〈植物表現〉 ―ユーゲントシュティールからモダンデザインへ 池田, 祐子
30-Mar-2013 大田黒元雄文庫収蔵 ドビュッシー『ペレアスとメリザンド』初版スコアをめぐって 末永, 理恵子; 森本, 美恵子
30-Mar-2013 市民社会を彩る植物 ―十七世紀オランダ花卉画の諸相 小林, 賴子
30-Mar-2013 後期ゴシック聖堂における植物表現の象徴的意味 ―アンナベルク、ザンクト・アンナ聖堂の〈エッサイの樹〉を例として 岩谷, 秋美
30-Mar-2013 意味の「結合」から制作の「媒介」へ ―近代のドイツ語圏美術にみる植物表現のありか・総論 前田, 富士男
30-Mar-2013 現代能『春と修羅』上演と討議「宮沢賢治・能・現代芸術」 岡本, 章
30-Mar-2013 観察・象徴・装飾 ―フィリップ・オットー・ルンゲの植物/風景 大原, まゆみ