DSpace
 

Meiji Gakuin University Institutional Repository >
16心理学部 >
1心理学紀要 >
24号(2014年3月) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10723/2253

Title: ソリューション・フォーカスト・ブリーフセラピーの質問を用いる際の注意点―ミラクル・クエスチョン,例外探しの質問,スケーリング・クエスチョン,コーピング・クエスチョンの共通点―
Other Titles: Considerations when using questions in solution-focused brief therapy: Commonalities among the miracle, exception, scaling, and coping questions
Authors: 伊藤, 拓
ITO, Taku
Keywords: ソリューション・フォーカスト・ブリーフセラピー
質問
質的研究
心理療法
solution-focused brief therapy
questions
qualitative study
psychotherapy
Issue Date: 28-Mar-2014
Publisher: 明治学院大学心理学会
Abstract: ソリューション・フォーカスト・ブリーフセラピーには,よく用いられる4つの質問があり,それらはさらに「既にある解決」を尋ねる質問と「未来の解決」を尋ねる質問に分けられる。本研究の目的は,セラピストが(1)この4つの質問(ミラクル・クエスチョン,例外探しの質問,スケーリング・クエスチョン,コーピング・クエスチョン),(2)「既にある解決」を尋ねる質問(例外探しの質問,コーピング・クエスチョン,スケーリング・クエスチョン),および(3)「未来の解決」を尋ねる質問(ミラクル・クエスチョン,スケーリング・クエスチョン)を用いる際に,共通して注意している点を明らかにすることであった。8名の日本人セラピストへの面接調査を通して収集された伊藤(2012)のデータが用いられ,分析はKJ法によって行われた。まず,4つの質問を用いる際に,セラピストが注意している点の共通点は,これらの質問を尋ねる適切なタイミングを見定めることであり,それから,Clが回答した内容の具体化,詳細化,明確化に取り組むことであった。次に,「既にある解決」を尋ねる質問を用いる際に,セラピストが注意している点の共通点は,クライエントが回答した過去の経験を,成功したものとしてクライエントが認識するのを促進することであった。さらに,「未来の解決」を尋ねる質問を用いる際に,セラピストが注意している点の共通点は,この質問がクライエントに使用可能かを判断することであった。以上の結果をもとにソリューション・フォーカスト・ブリーフセラピーの質問を効果的に行うためのポイントが論じられた。
In solution-focused brief therapy, there are often-used four types of questions which are divided into the questions focusing on "solutions in the past" and the questions focusing on "solutions in the future." The purposes of this study were to clarify therapists' common key considerations when (1) using the four types of questions (i.e., the miracle, exception, scaling, and coping questions), (2) using the solutions in the past questions (i.e., the exception, coping, and scaling questions), and (3) using the solutions in the future questions (i.e., the miracle and scaling questions). Data collected in Ito's (2012) study through interviews with eight Japanese therapists were used, and were analyzed using the KJ method. First, the common points that therapists considered when using the four questions were determining the appropriate timing for asking these questions, and then concretizing, clarifying, and specifying the content of clients' answers. Second, when using the questions to ask about "solutions in the past," the common consideration was to help clients recognize that previous experiences that they had described in their answers were successful. Third, when using the questions to ask about "solutions in the future," the common consideration was to judge/ascertain the suitability of these questions for the clients. The effective use of these questions in solution-focused brief therapy was discussed given the above mentioned results.
Description: 【資料/Short Report】
URI: http://hdl.handle.net/10723/2253
ISSN: 1880-2494
Appears in Collections:24号(2014年3月)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
psycho_24_63-74.pdf738.02 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.