DSpace
 

Meiji Gakuin University Institutional Repository >
14法学部 >
9法律科学研究所年報 >

28号(2012年7月)

Collection home page

 
 
or browse     
Subscribe to this collection to receive daily e-mail notification of new additions

Showing items 1-21 of 46.

Next page
Issue DateTitleAuthor(s)
31-Jul-2012 Indication of country of origin on food ―How it is justified and negative effects to the international trade― TAKAHASHI, Teiji; 髙橋, 梯二
31-Jul-2012 Middle East Problems: With Special Emphasis on Israel-Palestinian Relations (Meiji Gakuin University, October 17, 2011) HARARI, Ehud
31-Jul-2012 「戸籍制度」と公共サービスの制度構築 毛, 桂榮
31-Jul-2012 「相当程度の可能性」の侵害理論に見られる不法行為法の要件と構造 高山, 奈美枝
31-Jul-2012 「設計・施工者等」の不法行為責任の要件である「建物としての基本的な安全性を損なう瑕疵」の意義―最一判平成23年7月21日裁時1536号1頁― 明石, 真昭
31-Jul-2012 アメリカ合衆国における権利保護保険について:団体法律プラン(group legal plan)を中心に 中村, 良隆
31-Jul-2012 グンター・ヘルマン氏を迎えてのスタッフ・セミナー 葛谷, 彩
31-Jul-2012 サバティカルのご報告:法的議論の批判的再考 高橋, 文彦
31-Jul-2012 フランス2002年法による医療民事責任の「変化」―破毀院2010年10月14日判決を中心に― 高山, 奈美枝
31-Jul-2012 ポール・ケリー編『20世紀における英国政治理論』 ケリー, ポール; 添谷, 育志
31-Jul-2012 メモリアルデイ・スピーチにおけるpatriaと憲法の論理―国家研究の新視角に向けて― 渡部, 純
31-Jul-2012 世界史の構造―動員史観バージョン 畠山, 弘文
31-Jul-2012 会社は公司法第185条1項2号の規定にしたがい、営業又は財産の全部若しくは主要部分の譲渡につき、もし、発行済み株式総数の3分の2に未満の株主が出席した株主総会である場合、当該規定に違反し、その株主総会で行われた決議が決議方法の違法であるとされる事例(最高法院民事判決100(2011)年度台再字第56号2011年9月22日判決―株主総会決議無効再審確認請求事件) 黄, 瑞宜
31-Jul-2012 個品割賦購入あっせんにおいて、購入者と販売業者との間の売買契約が公序良俗に反し無効とされる場合でも、これと一体的に購入者とあっせん業者との間の立替払契約の効力を否定することを信義則上相当とする特段の事情がない限り、同契約は無効とならないとされた事例(最高裁平成23・10・25第三小法廷判決、金判1378号12頁) 大野, 武
31-Jul-2012 債権差押命令と配当を受けることができる遅延損害金の範囲―最高裁平成21年7月14日第三小法廷判決民集63巻6号1227頁― 畑, 宏樹
31-Jul-2012 共同研究「GBL研究会」2011年度活動報告 平川, 幸彦
31-Jul-2012 共同研究「国民国家は超えられるか:歴史的・理論的考察」2011年度活動報告 葛谷, 彩
31-Jul-2012 共同研究「地方政府研究―ローカル・ガバナンスの行方」2011年度活動報告 毛, 桂榮
31-Jul-2012 共同研究「地方政府研究―ローカル・ガバナンスの行方」2011年度研究報告 毛, 桂榮
31-Jul-2012 共同研究「市場原理と法」2011年度活動報告 両角, 道代
31-Jul-2012 共同研究「成年後見法制の実務的・理論的検証―制度導入から10年を節目として」2011年度活動報告 黒田, 美亜紀
Next page